首相安倍あべ 晋三、台風19号被災地を初視察、避難所訪れ激励

首相は、阿武隈川の氾濫で広範囲が浸水した同県郡山市の中央工業団地を訪れ、多くの企業が操業を停止している現状などについて説明を受けた。その後、同市の高瀬小学校に設けられた避難所で、被災者に「頑張りましょう」などと声をかけ、激励した。

安倍首相は17日午前、台風19号で大きな被害を受けた福島県を訪れ、被害状況を確認した。首相が台風19号の被災地を視察するのは初めて。午後には、宮城県丸森町の被災地なども訪れる予定だ。

早期復興に向け、自治体の復旧事業で国の補助率がかさ上げされる「激甚災害」に指定する方針だ。19年度補正予算案の編成も検討している。

政府は2019年度予算の予備費を投入し、被災自治体からの要請を待たずに食料などを届ける「プッシュ型支援」を強化している。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *