首相安倍あべ 晋三、長野の台風被災地を訪問 千曲川堤防や浸水の住宅地視察

安倍晋三首相は20日午前、台風19号による河川氾濫などで甚大な被害が出た長野県を訪問した。長野市で決壊した千曲川の堤防を視察し、浸水した住宅地の被害状況を確認した。避難所も訪れ、被災者から要望を聞く。

安倍首相は17日午前、台風19号で大きな被害を受けた福島県を訪れ、被害状況を確認した。首相が台風19号の被災地を視察するのは初めて。午後には、宮城県丸森町の被災地なども訪れる予定だ。
長野県は千曲川が氾濫し、長野市周辺で大規模な浸水が発生した。一部住民は避難所生活を続けている。

首相が台風19号の被災地を訪れるのは17日の宮城、福島両県に続いて2回目。早期の河川復旧や被災者支援に全力を挙げる考えだ。午後には、県庁で阿部守一知事と意見交換。

東京に戻り、首相官邸で開催する非常災害対策本部会議に出席する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *